◇特許申請にもAI戦略        ~寄稿者  社長

◇AIを活用して、更新期限が迫った特許案件を検索し 手続代行をしてくれる会社があるらしい。

更新手続きは1件につき1万円(特許印紙などの実費は当然別)!!

今回は、存続期間の更新だけでなく、会社の住所変更に伴う諸手続きもあって煩雑。

 

JPLAT PAT(プラットフォーム)で検索したり特許庁にそのHOW TOを教えていただくための電話をしたり。

 

ついつい、経費削減目的で自分でやったが、他の会社はどうやっているんだろう?
管理から更新まで全部代行会社の方に任せたほうが楽?

今は子育て戦略も人生戦略もすべてに枕詞のように使われる『AI』。

当社にも今後AIの波がわんわん押し寄せてくるのだろうか?

 

Filed under: 仕事のはなし,社長ブログ — user2 2:24 PM  Comments (0)