ハウツー how-to 図解! アルミ缶飛行機の折り方 ~事前準備編~ 金鹿工具製作所 金切鋏 キッチン鋏 万能ハサミ 園芸バサミ

  • 缶クラフト
  • リンク
  • サイトマップ
アルミ缶クラフト
株式会社金鹿工具製作所 > アルミ缶クラフトブログ > ハウツー how-to > 図解! アルミ缶飛行機の折り方 ~事前準備編~

図解! アルミ缶飛行機の折り方 ~事前準備編~

350mlの缶を4つ使って、アルミ缶飛行機の主翼2つ、胴体1つ、尾翼・プロペラ・後輪受け1つをつくります。

今回は「ダイドードリンコ 復刻堂 仮面サイダー ~仮面ライダー2号」缶で折り方・つくり方をご紹介します。
先ず、350mlの缶を切り開きます(左図:平らにする必要はありません)。
事前準備編の出来上がり(右図)、ここまで折ってつくります。

下図のアルミ缶飛行機の折り図・型紙を使います。

アルミ缶飛行機_折り図_型紙_PDFダウンロード


この折り図・型紙を使って、350mlの缶4つに折り図を映します。


外枠の線に沿って切ります。

①主翼をつくります。2つつくります。

折り図の通り、①・②の順番で折っていきます。


18cmの直線を一度に折り込みのは難しいので、端から少しづつ折り目を入れるように折っていきます。


最初はこの位まで折り筋を入れるように折ります。


次は端から少しづつ折り込む量を大きくしていきます。
注意:折り込む量を無理に大きくするとゆがみが生じ、翼が真っすぐ平らになりません。


この程度まで折り込みます。


折った箇所、端(谷折り部分)から奥に5mm程度の所を抑えて折っていきます。
注意:端を強く抑え・潰し過ぎるとゆがみが生じ易くなります。また、割れ、切れる原因にもなります。


真っすぐ折れました。


折り図の②を同じように折っていきます。


両端部分を折ると翼のできあがりです。


同じように翼をもう一つ折って、2つつくります。
仮面ライダーの顔が翼の中央になるようにレイアウトしました。

②胴体をつくります。


折る前に1箇所穴を開けます。(後で翼と胴体を針金を通して固定します)
また、後ろの尾翼が挟まる部分は切り欠きを入れます。


中心の線を最初に折ります。
翼を折ったように端から少しづつ折り目を入れるように折っていきます。


折り図に沿って他の箇所も折っていきます。

③尾翼・プロペラ・後輪受けをつくります。

尾翼は中心の線を折ります。


後輪受けも中心の線を折ります。

 


プロペラの羽根は折る前に穴を開けておきます。(後で針金を通します)


長い中心の線を先に折ります。


次に短い中心の線を折ります。
もう一つも同じように折り、2つつくります。


プロペラ・尾翼・後輪受けのできあがり。


以上で主翼2つ、胴体1つ、プロペラ1組、尾翼1つ、後輪受け1つができあがりました。
アルミ缶飛行機の折り方 ~事前準備編~ は終了です。

次は「アルミ缶飛行機のつくり方 ~組立編~」です。

 

コメント2件

  • taara | 2012.07.29 17:47

    息子が 工作に 作ってます。アルミ缶飛行機の
    組み立て編は いつ 公開されますか!?

  • 大倉将則 | 2016.08.21 15:51

    素人なのでわからないのですが、缶に折り図を映す時はどうしたら良いですか?それと写す時のコツ等ありますか?
    お恥ずかしい質問ですが、ご教示下さい。
    宜しくお願い致します。

コメントを書く




コメント内容


このページの先頭へ戻る