ハウツー how-to 図解! アルミ缶飛行機のつくり方 ~組立編~ 金鹿工具製作所 金切鋏 キッチン鋏 万能ハサミ 園芸バサミ

  • 缶クラフト
  • リンク
  • サイトマップ
アルミ缶クラフト
株式会社金鹿工具製作所 > アルミ缶クラフトブログ > ハウツー how-to > 図解! アルミ缶飛行機のつくり方 ~組立編~

図解! アルミ缶飛行機のつくり方 ~組立編~

アルミ缶飛行機のつくり方の組立編です。前回の事前準備編のつづきです。
事前準備編で折ったもの(主翼2つ、胴体1つ、尾翼・プロペラ・後輪受け各1つ)と
針金・ビーズ1つ・ナット3個を用意します。



針金は#26(0.45mm)を使用、キリで穴をあけ部品を組み立てていきます。
ビーズは直径8mmを使用、プロペラの先端に付けます。
ナットはM8を使用、車輪にします。(他のものでも代用可)

①先ずL字の後輪受けにナット(車輪)を取りつけます。

キリで穴をあけます。

ナットを取りつけ針金で縛ります。

“やっとこ”でしっかり締めつけます。余分な針金は切り落とします。

②この後輪受けを尾翼に差し込み、胴体に取りつけます。

後輪受けを尾翼に差し込みテープで仮留めします。ずれないようにします。


その尾翼を胴体の後部切れ目に差し込みテープで仮留めします。


キリで2箇所穴をあけます。
※穴位置は型紙を参照ください。位置がずれると後輪受けが抜け落ちてしまいます。


針金を通して”やっとこ”でしっかり締めつけます。

③この胴体に主翼2つを取りつけます。

3箇所穴をあけます。もう一つの主翼も穴をあけます。

適当な長さの針金を二つに折り、折り曲げた先端を小さな輪にします。
穴をあけた大きさよりも大きな輪をつくります。

輪にしていない針金2本を主翼・胴体・主翼の順に通します。輪にした針金がストッパーになります。

胴体の両耳部分を主翼に折り込みます。テープで仮留めします。

2本の針金を主翼に巻きつけしっかりと縛ります。

④車輪を2つつくり、胴体に取りつけます。


二つ折りにした針金をナットに通してねじっていきます。


ナットの根元はしっかりねじって固定します。後は手でねじって長さ20mm程にします。

2つつくります。

この2つの車輪(ナット)を胴体(両耳部分)に取りつけます。

2箇所穴をあけます。

2箇所の穴に車輪の針金を通します。

針金をねじって固定します。もう一つの車輪も同様に固定します。

⑤2つの主翼を固定します。

二つ折りにした針金の先端を小さく丸めます。(主翼にあけた穴よりも大きな穴にします)

上部の主翼の穴から針金を通します。(2箇所) 後は下部の主翼に針金を巻きつけて固定します。

⑥プロペラをつくります。


二つ折りにした針金をビーズに通します。先端を丸めます。

プロペラも通して根元にテープを張り抜けないように固定します。

⑦胴体(本体)にプロペラを固定します。

胴体の裏にテープを貼ります。

プロペラを通して固定します。(完了)



コメント3件

  • sugi | 2016.07.30 13:18

    主翼が波うって水平になりません。
    うまく折り曲げるコツはありますか?
    プロの板金加工は素人には難しいですかね?
    ぜひ教えてください。

  • 金鹿工具製作所 | 2016.07.30 15:47

    口幅の広い掴み箸がない場合、
    波うたないようにするコツがあります。
    折り曲げる前に折り筋だけをいれてから
    定規を当てて波うたないように少しづつ全体を曲げていきます。
    最後に掴み箸で締めますが、
    奥の遠い箇所から手前に向かって押させて締めていきます。

  • sugi | 2016.07.31 16:51

    ありがとうございます。
    2機目で試します!

コメントを書く




コメント内容


このページの先頭へ戻る